東京工業大学 大学院生命理工学研究科     

 共通バイオフロンティア講座 生物プロセス専攻  >東京工業大学  >生命理工学研究科
  本研究室は200911月に設立され、主に5-アミノレブリン酸 ALA を用いた研究を行っています。

ALAは、赤血球のヘモグロビンやミトコンドリアでのエネルギー生産に必要なシトクロム
c オキシダーゼといった生命維持に不可欠な物質の生合成に使われます。

小倉研究室では生体由来で安全性の高いALAを用いて、医療分野への応用・貢献を目指しています!  

 PpIXが蓄積すると細胞から赤色の蛍光が!

 がん細胞に蓄積した赤色蛍光物質
   (写真にカーソルをあわせてください)

ALAを用いたがんの診断
ALA
をがん細胞に投与すると、赤色の蛍光物質ががんに蓄積します。本研究室ではこの原理を応用したがんの診断法の基礎について研究を行っております。

ALA を用いたがんの治療(光線力学治療
上記のようにがん細胞に蓄積した蛍光物質に光照射を行うと癌細胞を死滅させることが知られており、光線力学治療として臨床で用いられています。本研究室ではこの治療の適応範囲の拡大を目指した基礎研究を行っております。

ALAがもたらす様々な生理作用
ALAを生体に投与すると非がん部位ではヘム (鉄ポルフィリン) が生成し、我々の体で重要な役割を果たします。本研究ではALAがもたらす様々な生理作用の詳細について研究を行っております。

研究室の成果が紹介された発表等

2015827 日刊工業新聞に「がん診断手法」に関する記事が掲載されました。
20146 現代化学6月号に「アミノレブリン酸が拓く化学と医療」に関する解説記事が掲載されました。
2013126 「マラリア原虫に対するアミノレブリン酸の効果」に関する共同プレスリリースを行いました。
東京工業大学からのプレスリリースはこちら 。
2013122  日刊工業新聞に「ALAの抗がん作用の発見」に関する記事が掲載されました。


更新履歴

2016126 学生実験データをアップしました。
2015913 トップページ、メンバーページ、業績リストを更新しました。
2014611 トップページ、メンバーページ、業績リストを更新しました。


 連絡先
〒226-8501 横浜市緑区長津田町4259 B-47 (B1棟 702) 東京工業大学 生命理工学研究科
Phone/Fax: 045-924-5845     e-mail: sogura*bio.titech.ac.jp (*を@に変えてください)


 Copyright (c) 2011 Ogura Lab. All rights reserved.